ふぇると少年、火の国を走る~湯の国編~

「湯の国」大分にやってきたロードバイクで激走している「火の国」熊本の少年の徒然なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から3日間

どもども。

ほんとうはブルベのために3日間バイトの休みを取ったのですが、今はなぜか海の上にいます…

すべての写真-576

初めてiPhoneから書いてみました(笑)

詳しくはまた数日後に

ではでは。。。

実家

どもども。

Flickerを見ていたら、先月のはじめに実家で撮った写真があったのを思い出しました。

IMGP0206

うちのほえない犬です(笑)


IMGP0208

臆病なんですよね~

IMGP0217

いい感じに夕日がさしていますが、汚水槽です・・・

IMGP0223

秋の紅葉したもみじもいいですが、青々としたもみじもいいですよいね~

IMGP0229

玉ねぎたち

IMGP0232

ブロッコリーの葉っぱ

IMGP0233



IMGP0241

ここだけ切りとるとピーターラビットに出てきそうな雰囲気ですが、おばあちゃんの畑です。

IMGP0250


IMGP0251



という感じの田舎です(笑)

PENTAX K-3+smcPENTAX DA★55mmF1.4SDM

最近、カメラが増えすぎなので、少し売ろうかと思います・・・

ではでは。。。

大分県チャレンジサイクルロードレース

どもども。

5月30日はSPA直入で大分県チャレンジサイクルロードレース(以降、県チャレ)が開催されました。

天気予報ではあいにくの雨模様
しかし、当日になると本当に雨が降るのかと疑いたくなるほどの快晴にも近い青空が広がっていました。

今大会は大分大学自転車部との合同で向かいます。
前日に軽トラックをレンタルし小松氏(ちなみに今回の小松氏は車だしだけです)の軽、私の運転する軽トラにロードを乗せて会場に向かいます。

軽トラックは本当に便利なものだと改めて実感しました(笑)

SPA直入に向かうまでに道に迷ってしまい、到着したのが試走終了の五分前!

急いで準備して試走へと向かうはずでしたが、BAASOの空気を抜いた状態で運んできて、フロアポンプを忘れる始末・・・
空気入れは借りれましたが、結局試走はできませんでした;^^)

県チャレが始まる前には、高校総体も同時に開催されていて、私の出場するスポーツクラスは、
総体が終了して、県チャレエキスパートクラスが終わってからなので、二時間半の待ちぼうけ・・・
しかも曇りどころか日差しが強くて、肌がじりじりと焼かれます。

せっかく持ってきた一眼レフも、SDカードを忘れてしまいただの荷物になってしまい、今日の私は何かついていないのでしょうか;--)

そんなこんなでスポーツクラスのスタートを見届けて、三本ローラーでアップを始めます。
しかし、気が付くときゅうげきにくもりだして、雨が降り始めた・・・かとも思うと何とか持ち直して、時たま雨粒を肌に感じる程度に収まりました。

スポーツクラスにはわたしと分大三人のうち二人が出場しました。

このSPA直入というのは全長1,43kmの比較的短いコースで、
今大会のコースは普段と逆コースで傾斜も比較的緩やか。
スタートから上り、左にカーブした後はいちばん角度が急な右カーブ、そして左コーナーを曲がれば一気に下り、右、左、右コーナーと続いて、ホームストレートに向って緩やかな上りに入ります。

スポーツクラスはここを15周(21,45km)、参加人数は33人(出走者リストより)

スタート10分ちょっと前にスタートラインに並びましたが、天候の関係もあり五分短縮され、スタート;^^)

21,45kmということで初っ端から飛ばしていくかと思われましたが、ローペース
なかなかうまく先頭交代がきまりません。
やはり(わたしも含めて)体力を温存しておきたい人が多数いるようで、先頭に出るのを渋り、したがってペースもそれほど上がらないので集団はなかなか削られるずにあっという間に10周をきり、わたしが飛び出してみようかと余計なことを考え始め、残り五周で飛び出すことを決意しました。 

もちろん飛び出すのはスタート付近ののぼりの場所で、残り五周になり、「いざ、行こう!!」と思いましたが、
集団で足踏みし、結局飛び出したのは残り4周になった時。
先頭二、三人が少し集団から離れたところに追いつきからの一気にに追い抜き、
「誰かついてこないかな・・・」と弱気な心配をしていましたが、だれもついてこずに一人旅(笑)

逃げた一周目はよかったのですが、逃げた二周目(残り二周)から右わき腹に痛みが!「もしかしてアップ不足?」と思っているうちに、集団に吸収されながらラストラップに突入。

わたしもこれまでか・・・と思いましたが、ここでちぎれたら男が廃ります(笑) 
ラストコーナーまでに何とか脇腹を落ち着かせてからインから一気にゴールスプリントに加わります。
運の良いことにコーナーからの立ち上がりで、アウト側に人が寄って、イン側は割とがら空き。
そこから最後の力を振り絞って走りましたが、6位でフィニッシュ。入賞にはなりませんでした;--)

入賞はしませんでしたが、一人で首位を独走するのはとても爽快でしたね。
 すべての写真-558 

iPhoneでの撮影なので塗り絵みたいなことになっています(笑)

逃げるタイミングが少し早かった気がしますが、まず五周目で飛び出していなくて正解でした。
小松氏も曰く、私が飛び出していなくても誰かが飛び出して、試合を動かしていたと思われます。

このあとのビギナークラスが始まる前から本格的に雨が降り始め、残りの分大の一年生がビギナーに出場した後は、
また自転車を載せ、分大近くのお店で昼食をとった後に解散しました。

またこれからも努力していきたい!!

といいたいところですが、
しばらくレースやイベントには出ないつもりで、また今までやってきた自転車部立ち上げのための活動を辞めたいと思います。
理由はいろいろありますが、自転車にはこれからもガンガン乗っていきます。

ではでは。。。

新たな発見

どもども。

最近ブログに書いてある記事で走行しているものが少ないと感じている人がいるかもしれませんが、
夕方はほぼバイトなので、今は朝に走るようにしています。
ブログのネタにするほどでもないので、書かないだけです(笑)

「朝練」といえば聞こえはいいですが、ほんとに名ばかりであって、
朝七時前に起きれたら準備して走りに行き、九時から始まる一限の前に帰宅し、学校に向かうのです。

話がだいぶそれますが、私自身起きるのがとても苦手で、高校時代の朝七時半から始まる「朝課外」はとても苦痛で、
母親に何度も起こされてはひどい顔で自転車をこぎ、結局、朝課外の時間は寝て過ごすという三年間でした;^^)

そして、今更気が付いたのですが、23時から0時の間に寝付けたらなぜか朝の五時半~七時の間のどこかで目を覚ますのです。
しかし、どうしたことか22時に寝付くと3時、4時に目を覚ましたり、はたまた1時以降に寝付くと起きれずに一限ぎりぎりに目を覚ます・・・

私の場合、寝付けるときはすぐに寝るのですが、寝れないときはとことん眠れません。
まず入眠するまでが一苦労なのです・・・

まあこれで何がわかったのかというと、『早く寝ろ!』と体が訴えているということですね(笑)


話がだいぶそれてしまいましたが、今日はハッ!と目が覚めて、時計を見てみると朝の五時半、もう一眠りしようかと思い、瞼を閉じましたが、再びハッ!とと目が覚めたのが10分後。
そんなことをもう一回ほど繰り返し、「これは今から走りに行かなくては・・・」と身支度を済まして顔を出したばかりの太陽を背に、やまなみハイウェイを上っていきます。

昨日の日田市では五月なのにもかかわらず、猛暑日を記録し、別府もだいぶ暑かったのですが、今朝は曇り空ということもあり、気温は肌寒い感じです。

夏用の半そでウェアの下にヒートテック一枚でしたが、上りはじんわりと汗がにじむ程度。
とても快適にスイスイ登れました。

時間もあり、あまりに気持ちよく、城島で引き返すのはもったいないと思ったので、
久々(と言っても割と通っているほうだが)に『狭霧台』まで行くことにしました。
朝6時とということもあり、車通りは少なく、快晴ではありませんでしたが、風もない澄んだ空気で、
由布岳の山頂がくっきり見えます。(いつか登らないととは考えているのです)

登山口を通り過ぎ、あとは狭霧台まで下るだけだったのですが、狭霧台手前、左手のほうに一車線分ほどしかない林道が上に延びているのが前から気になっていたので、そちらのほうに上ってみることにしました。

1kmも上っていない待避所で狭霧台より素晴らしい眺望が目に入りました。
すべての写真-530 
 

ただ曇っているのは少し残念ですね~

割と有名な場所なのか、ガードレールいっぱいに落書きされています。
眺めていると木材運搬用の大きなトラックが道幅いっぱい(驚くほどギリギリ)に二台上がっていきました。
近くに待避所がない場所で鉢合わせにでもなったら、大変ですね~

またしばらくボーと眺めていたら鼻水が出てきました(笑)
天気も関係していると思いますが、やはりこの時間帯に止まったり、下ったりすると普通に寒いです・・・
鼻水を垂らしながら、もときたやまなみを一気に下りました。

すべての写真-531


ではでは。。。

期待のBont

どもども。

Bontを買って五日ほど経ちました。
ちょっとまだ100kmちょっとしか乗れていないのですが、
感想を書きたいと思います。

ちなみにニューシューズに合せて、初めて自転車用ソックスなるものを買ってみましたww
もちろんイエローです*^^)b 厳密にいうとイエローではないのですが
最後に追加した項目-113

まずはいた感じなのですが、これがカーボンソールなのか!?というぐらい固いです。
そしてパールではまだある程度地面を歩けたのですが、Bontでは少しも歩きたくありません・・・
ほんとに硬い足型にすっぽり足がハマってる感じ(何と書けばいいのか)でこれこそビィンディングシューズって感じがします。
『履く』というよりかは『ハメる』と言ったものでしょうか?(スキーのビィンディング的な)

熱形成でフィット感を増すのがまたBontの特徴ではありますが、
右足はしっかりとかかとに掛かりがあり、足の甲をしっかり押さえてくれる感じがあるのですが、
どうしても左足にフィット感が足りません・・・

なんどもきつく締めたのですが、しっくりこないんですね。
かかとも甲も右足のようにしっかりと固定された感覚がしないのと、少し土踏まずにも違和感が。

脚にも利き足が存在しますが、その違いがこんなに大きく出てくるのでしょうか?
もういちど左だけ熱形成してみようと今のところ考えています。
たしかにパールイズミに比べて、明らかによくなったことは実感できますが、
左の感覚が右と違うのは走っていて気になります。

そんなとこもありますが、踏み込んだ時の感触が気持ちいいです。
これがほんとに最高なんですよ!!
鈍いわたしでもわかるんです(笑)

まだ少し左足が要観察ですが、まあ満足しています。
ただ外国人選手みたいにスリムに履けないのが少し残念ですが・・・
どうしてもボテッとした感じが否めませんよね。
「ファッションモデルの真似をしたらなんか想像していたのと違う・・・」という感じです(笑)

ではでは。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。