ふぇると少年、火の国を走る~湯の国編~

「湯の国」大分にやってきたロードバイクで激走している「火の国」熊本の少年の徒然なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな発見

どもども。

最近ブログに書いてある記事で走行しているものが少ないと感じている人がいるかもしれませんが、
夕方はほぼバイトなので、今は朝に走るようにしています。
ブログのネタにするほどでもないので、書かないだけです(笑)

「朝練」といえば聞こえはいいですが、ほんとに名ばかりであって、
朝七時前に起きれたら準備して走りに行き、九時から始まる一限の前に帰宅し、学校に向かうのです。

話がだいぶそれますが、私自身起きるのがとても苦手で、高校時代の朝七時半から始まる「朝課外」はとても苦痛で、
母親に何度も起こされてはひどい顔で自転車をこぎ、結局、朝課外の時間は寝て過ごすという三年間でした;^^)

そして、今更気が付いたのですが、23時から0時の間に寝付けたらなぜか朝の五時半~七時の間のどこかで目を覚ますのです。
しかし、どうしたことか22時に寝付くと3時、4時に目を覚ましたり、はたまた1時以降に寝付くと起きれずに一限ぎりぎりに目を覚ます・・・

私の場合、寝付けるときはすぐに寝るのですが、寝れないときはとことん眠れません。
まず入眠するまでが一苦労なのです・・・

まあこれで何がわかったのかというと、『早く寝ろ!』と体が訴えているということですね(笑)


話がだいぶそれてしまいましたが、今日はハッ!と目が覚めて、時計を見てみると朝の五時半、もう一眠りしようかと思い、瞼を閉じましたが、再びハッ!とと目が覚めたのが10分後。
そんなことをもう一回ほど繰り返し、「これは今から走りに行かなくては・・・」と身支度を済まして顔を出したばかりの太陽を背に、やまなみハイウェイを上っていきます。

昨日の日田市では五月なのにもかかわらず、猛暑日を記録し、別府もだいぶ暑かったのですが、今朝は曇り空ということもあり、気温は肌寒い感じです。

夏用の半そでウェアの下にヒートテック一枚でしたが、上りはじんわりと汗がにじむ程度。
とても快適にスイスイ登れました。

時間もあり、あまりに気持ちよく、城島で引き返すのはもったいないと思ったので、
久々(と言っても割と通っているほうだが)に『狭霧台』まで行くことにしました。
朝6時とということもあり、車通りは少なく、快晴ではありませんでしたが、風もない澄んだ空気で、
由布岳の山頂がくっきり見えます。(いつか登らないととは考えているのです)

登山口を通り過ぎ、あとは狭霧台まで下るだけだったのですが、狭霧台手前、左手のほうに一車線分ほどしかない林道が上に延びているのが前から気になっていたので、そちらのほうに上ってみることにしました。

1kmも上っていない待避所で狭霧台より素晴らしい眺望が目に入りました。
すべての写真-530 
 

ただ曇っているのは少し残念ですね~

割と有名な場所なのか、ガードレールいっぱいに落書きされています。
眺めていると木材運搬用の大きなトラックが道幅いっぱい(驚くほどギリギリ)に二台上がっていきました。
近くに待避所がない場所で鉢合わせにでもなったら、大変ですね~

またしばらくボーと眺めていたら鼻水が出てきました(笑)
天気も関係していると思いますが、やはりこの時間帯に止まったり、下ったりすると普通に寒いです・・・
鼻水を垂らしながら、もときたやまなみを一気に下りました。

すべての写真-531


ではでは。。。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。