ふぇると少年、火の国を走る~湯の国編~

「湯の国」大分にやってきたロードバイクで激走している「火の国」熊本の少年の徒然なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家⇔自宅

どもども。

実家に帰る用事があったんで、
またまた自転車で帰ることにしました。

今回は実家と自宅の往復です。

よくなにかを身に着けて長距離を走るとものすごい疲れるということを聞いてはいたんですが、
甘く考えていて登山用に買ったドイターのザックを背負って帰ることにしました。
しかも、カメラバッグ×PENTAX K-30×交換レンズ二本×二泊三日分の洋服×ガジェット類でものすごい重さです。

この後猛烈に後悔することになります・・・
s-IMG_3980.jpg
iPhone5

朝七時半ごろに出発すし、
いつものように城島を上り、湯布院に下っていると朝霧がかかっていました。
もう少し早ければきれいな雲海が見れましたね~
s-IMG_8287.jpg
iPhone5

正直この辺でもうザックにうんざりしていました(笑)

湯布院→九重→小国→南小国→大観峰→大津のコースだったんで、
途中の南小国で昼飯としてティ―ルーム茶の子さんに立ち寄りました。

とってもおしゃれなお店で、一見サイクルウェアでは入りにくそうなんですが、
店主の方が相当な自転車乗りなのでレーパンで入店しても白い目で見られることもありませんし、
そとにバイクラックも用意されています!

わたしも地元にいたときに勧められていて、ようやく来店できました。
s-IMG_3824.jpg
iPhone5

このあとは特に何もなく淡々と実家に走りました。

地元で二泊三日過ごした後、
自宅への復路を開始です。

正直、背中に背負うのにはもう心底うんざりしていましたので、
荷物は送ってもらいました(笑)

身軽になった私は何を思ったのか牧ノ戸峠を越えて、やまなみハイウェイで帰ることに決めました・・・

菊池渓谷をひたすら上って、外輪山のアップダウンを走り、三愛レストハウスで休憩。
ここでなんで牧ノ戸峠を登ろうと思ったのか少し後悔し始めましたが、
熊本側は思ったほど厳しくなかったのであっさり登れました。

白い靄がかかっていて、遠くまで見渡せませんでした。
s-IMG_5530.jpg
iPhone5

それにとても紅葉がきれいで癒されました~
九重連山に登りたいですが、今年は厳しそう・・・
s-IMG_1907.jpg
iPhone5

牧ノ戸峠を下った後はひたすらやまなみハイウェイを帰りました。

久々にくたくたになりました(笑)

ではでは。。。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。