ふぇると少年、火の国を走る~湯の国編~

「湯の国」大分にやってきたロードバイクで激走している「火の国」熊本の少年の徒然なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルの産物?

どもども。

今回は志高湖にある船原山に上ってみました。
この船原山の山頂にはバブル期に作られたあるものがあるらしいのですが・・・


志高湖の駐車場に原付を止めて、(別府市街地から志高湖までの原付の辛さ)
林道の入口から入ります。
IMGP9759

林道を歩いていくのかと思ったら、すぐに斜め左に入ります。
しばらくこんな道を歩いていると・・・
IMGP9760

結構すぐに見えてきました。
IMGP9776

IMGP9777

ブランコ?
IMGP9778

IMGP9786

ではなくて
リフトなんです。
IMGP9787

>1962年(昭和37年)3月1日 - ラクテンチ・立石山間のリフトが開通。
>1968年(昭和43年)7月19日 - 志高ユートピア開園。
>1982年(昭和57年)11月17日 - 志高ユートピア・船岡山間のリフトが開通。
>1984年(昭和59年)8月12日 - 立石山と船原山の間にロープウェイが開通し、ラクテンチと志高ユートピアがリフト及びロープウェイで結ばれる。
>1998年(平成10年) - リフト及びロープウェイ廃止。
>2003年(平成15年) - 志高ユートピア休園。
志高ユートピア

どういうことかというと
下ラクテンチ(別府市街地)-ケーブルカー(上ラクテンチ)-ロープウェイ(船原山)-リフト(志高ユートピア)

なんと無謀な!!!!
さすがバブル期と言わんばかりの無駄な輸送機関!!!


志高ユートピアについてはリンク先のWikipediaでどうぞ。
ちなみに心霊スポットとして有名な廃遊園地(一応2003年に休園)でしたが、
取り壊しが始まっているようで、正門は取っ払われています。

監視台のあるところからさらに防火帯に沿って上っていきます。
今日は鶴見岳に登るのもよかったですね。
IMGP9790

登りきると右手にリフトの駅が見えてきました。
なんというか椅子が一人掛けですがスキー場にあるリフトとほぼ一緒ですね。
ここから志高ユートピアまで下ります。
IMGP9797

25年も前に廃止されているのによく残っています。
山の中なので誰も荒らしに来ないからでしょうか?
取り壊されないのもやはり同じ理由だからでしょうかね。
IMGP9800

左のすごい竹藪を進むと、ついにロープウェイの山頂駅が見えてきます。
IMGP9856
全体像は木に包まれてよくわかりませんが、
山の中に急にあらわれる巨大な人工物は不思議な感じしますね。


船原山山頂ロープウェイ駅から別府市街地を望みます。
わかりにくいですが、左端下に対岸の駅が見えています。
IMGP9812

片方の「志高」と呼ばれるゴンドラが一台だけ残されています。
もう片方のゴンドラは対岸にあると思われます。
ケーブルが伸びきっていて、ゴンドラは半分以上が沈んで隠れています。
IMGP9813

ここもあまり人来ていないのか、
従業員事務所は時が止まったかのような状態です。
IMGP9831

IMGP9837

カレンダーは廃止された1998年で止まっています。
IMGP9838

サビサビですが、ちゃんと残っています。
IMGP9815

待合所の部分は雨風にさらされていたのかボロボロです。
旧コニカのサクラカラーフィルムの長椅子がありました。
これまでフジカラーの長椅子しか見たことなかったのですが、
これは珍しいのではないでしょうか?
最近ではあまりフジカラーの長椅子も少なくなってきたような気がしますね(一応幼少期はフィルム時代)
IMGP9839

建物の横のこれまた藪の中には三角点がありましたので、
ここが船原山の山頂だと思います。
意外と真新しい?
IMGP9859

今回はとても面白い物を見ることができました。
ほんとにバブル期はすごいですね~
採算が合わないことはわたしでもわかります(笑)
このまま取り壊されもせず、あらされもせずに朽ちていくだけですね。


ではでは。。。
スポンサーサイト

大平山(扇山)

どもども。

毎年の野焼きで有名な大平山
別名扇山とも言われていて、別府市街地の後ろにそびえ立っている山です。

すぐに往復できそうだったので、
午前中に授業がはいっていない月曜日に行ってみることにしました。

登山道の入口がある林道は最初に別府駐屯地を通らないといけないので、
おどおどしながら進みます・・・

ある程度進むと車止めと、このような看板が出てきます。
これで自信を持って進めます。
IMGP8696
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


たぶん内山方向だと思いますが、
雪が積もって真っ白ですね。
IMGP8698
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

鶴見岳ももちろん真っ白です。
IMGP8699
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

林道から本格的な登山道に入るところにはこんな煽り文句が(笑)
IMGP8702
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

お、意外とブッシュが強い。
IMGP8703
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

少し藪漕ぎしたあとに防火帯に出ます。
予想外に急な上りで、地面には氷柱もあり非常にテクニカルなコースでした。
IMGP8707
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

『陸軍所轄』
防火帯に沿って時たま埋めてありますが、
今も自衛隊の敷地なんでしょうかね~
IMGP8714
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


IMGP8719
PENTAX K-30 SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

IMGP8727
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

氷が張ってます。
IMGP8732
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

IMGP8731
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

だんだんと雪が増えてきました。
IMGP8740
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


IMGP8743
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

途中に三角点を見つけて、一瞬ここが山頂かと思いましたが、
違いましたね。まぎらわしい。
IMGP8744
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

山頂付近になるとだいぶ雪が深くなってきました。
IMGP8745
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

山頂につきました!
10cmぐらい積もっていて、興奮してつい雪だるまを作ってしまいました。
IMGP8761
PENTAX K-30 SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

IMGP8751
PENTAX K-30 SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

IMGP8753
PENTAX K-30 SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

IMGP8766
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

山頂の標識の裏に、ミカン畑でよく見るヤツがあったんですが、
野焼きの時に使うんでしょうかね?
というかいったいどこからのびてきてるんでしょうか・・・
IMGP8774
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

IMGP8784
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

山頂でぜんざいとおもちをいただきます!
IMGP8787
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

山頂でたべるのはほんとに最高でした♪
IMGP8790
PENTAX K-30 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

下山は地面が溶けてどろどろ・・・
何回かすべりそうになりながら、というか一回思いっきりスライディングしてしまいました。

ケツにお土産をつけて帰りました。


ではでは。。。

コッヘルとチタンマグカップ

どもども。

やっと届きました!
snow peak チタンシングルマグ300&snow peak トレック900 scs-008
IMGP3815
PENTAX K-30 SMC-M PENTAX 50mm F2
 
こないだの鶴見岳に間に合わなかったのが残念です;--)

なるほど、ほかにも違う大きさのシリーズがあるんですね。
今更気が付きました。
IMGP3822
PENTAX K-30 SMC-M PENTAX 50mm F2

イワタニ カセットガス ジュニアバーナーがすっぽり入ります。
IMGP3820
PENTAX K-30 SMC-M PENTAX 50mmF2

付属品に頼りないですが、袋が付いてきました。
マグカップも一緒に収まりました。
IMGP3821
PENTAX K-30 SMC-M PENTAX 50mm F2

昼飯を作るのに使用してみましたが、
まあ登山部時代のと比べると、コッヘルの大きさが全然違うのでやはり沸騰時間は速かったですね。←あたりまえ

今度持っていくのが楽しみですね~

ではでは。。。

登山始めました!

どもども。

”始めた”というより”また始めた”ですね。

高校時代は登山部だったので、
楽しい登山といより競技の登山だった・・・うっ!頭が急に・・・

とても楽しかったんですが、三泊四日風呂なし男3人テントはなかなかのきつさでした(笑)
部員が少なかったのでいまでもみんなで集まったりしています。

話が脱線しましたが、今回は鶴見岳に登りました。
別府市街地にそびえたつ標高1,375mの活火山です。
頂上までロープウェイがあるのですが、
確か往復で1600円ほどだったと思います・・・

機材はPENTAX MX-1とPENTAX Z-1Pです。
Z-1Pがあったので、重量軽減のためにK-30は置いてきました。

今回は標高700mにあるロープウェイ駅から登り始めます。
残念ながら天気は曇りです。
IMGP1549
PENTAX MX-1

別府鶴見岳一気登山のコースを登っていきます。
IMGP1550
PENTAX MX-1
しょっぱなからなかなかきつい傾斜を登り、しばらくすると火男火売神社にたどり着きます。
IMGP1553
PENTAX MX-1

この階段がすべることすべること・・・
IMGP1555
PENTAX MX-1

本殿の裏に登山届の箱があり、そこから本格的な登山道っぽいですね。
IMGP1564
PENTAX MX-1

このあたりも色づいてきていますね。
上に行くのが楽しみになってきました。
IMGP1568
PENTAX MX-1

火男火売神社からは原生林が広がっており、とても落ち着きます。
やっぱり山の中はいいですね~
IMGP1574
PENTAX MX-1

平日だったので、人とすれ違うことは全くなかったですが、野生のシカに幾度となく会いました。
IMGP1626
PENTAX MX-1

頂上付近は傾斜が急になります。
岩場もあり、そこに落ち葉が積もっているので、踏んだ瞬間に実は隙間が!岩がァ!というのが多々ありました・・・
山頂200mまえにロープウェイ駅と山頂に分かれる道があります。
とりあえず山頂に行くことにします。
IMGP1634
PENTAX MX-1

到着!!
ちょうど幼稚園か保育園児が遠足に来ており、
お昼を食べて走り回っていました(笑)
IMGP1643
PENTAX MX-1

山頂からは由布岳を望むことができます。
次は由布岳へとこころに思うのでした。
IMGP1638
PENTAX MX-1

市街地方面
IMGP1640
PENTAX MX-1


山頂から階段を下りロープウェイ頂上駅へ。
IMGP1651
PENTAX MX-1
IMGP1654
PENTAX MX-1

志高湖方面
IMGP1655
PENTAX MX-1

なるほど、おもしろい伝説ですね。
祖母山も登りたいですが如何せん遠いんですよね。
実は今日の登山口まで原付で来ていますし(笑)
正直、由布岳登山口までがぎりぎりいける範囲かなと感じています。
九重連山にも行ってみたいですが、やまなみハイウェイを原付で行く覚悟はないです・・・
IMGP1658
PENTAX MX-1

駅から少し離れた展望台から別府市街地を望みます。
MX-1の広角端28mmでも収まり切れません。
次はSIGMA 10-20mmとK-30を持ってくるしかないですね。
IMGP1659
PENTAX MX-1

大分市街地方面
IMGP1661
PENTAX MX-1

霞んでいますが国東半島まで見通すことができます。
IMGP1662
PENTAX MX-1

待ちに待ったお昼です♪
今回はコッヘルが間に合わなかったので普通の鍋を持ってきましたww
IMGP1665
PENTAX MX-1

さあて、食べますか!





箸を忘れたアアアアアアアアアあああああ!!!! 


登山に忘れ物は大敵ですね。
とくに他山競技をやっていた時には・・・うっ!急に頭が!!

そしてこうなります。
※一応、煮沸消毒しました
IMGP1667
PENTAX MX-1

ここで飲むコーヒーは格別です!!!
いつもの数倍は美味しく感じます。
チタンマグを買ったんですが、コッヘルと同様に間に合わなかったのでいつも使っているコップです。
IMGP1669
PENTAX MX-1

下りながらも撮影を楽しみました。
IMGP1680
PENTAX MX-1

結局6時間ほど籠っていました。
普段は二時間で登れて、下山できるらしいですが、三脚を立てて写真撮ったりしていたので、
結構時間がかかりました。
登山50パーセント写真50パーセントの感じですね。
IMGP1706
PENTAX MX-1

次は由布岳に登りたいですね。

ではでは。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。